一般社団法人 横浜M&Aエキスパートは、横浜、川崎、横須賀、湘南地区を中心に活動しています。企業の買収・合併、事業の一部、支店、工場の部分的な売買、また個人経営者の飲食店、診療所等の居抜き案件の売買も取り扱っております。案件規模を問わず対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

M&Aと業務提携・資本提携(後編)

M&Aと業務提携・資本提携の根本的な違いは、相手方の事業または会社に対する支配権(経営権)に対する影響力です。

ライセンス契約による「技術提携」や、他社から仕入れた商品を販売するだけの「販売提携」などの「業務提携」であれば、企業間に経営権に対する影響力はありません。

しかし、企業が「業務提携」に加え、お互いに株式を持ち合い「資本提携」を組み合わせれば、経営権に対して影響力が生じますので、M&Aに近いものになります。

さらに企業間で合弁会社を設立するなど、「業務提携・資本提携」の提携関係を更に進めれば、当然経営権に対する影響力は増しますのでM&Aにより近くなります。
?Gg[???ubN}[N??